奥田産婦人科ニュース

近年の体外受精の成績

当院では平成12年の開院以来体外受精を,平成29年より顕微授精を行っております。

近年の成績を提示いたします。

 

GS(胎嚢)は胎児を包んでいる羊水の入った袋のことで,妊娠5週ごろから確認されます。

このGSが子宮内に確認されて正常妊娠が確定します。

 

生殖補助医療(体外受精・顕微授精)は通院時間,治療費で患者様にご負担をかける治療でありますが,近年,治療費用に関してそれぞれの市町村から助成金が受けられるようになりました。

また,胚盤胞(着床直前の胚のステージ)での移植や胚の凍結保存により,1回の採卵で複数回の胚移植が可能となり,患者様1人あたりの妊娠率が劇的に向上しました。

今後も積極的に生殖補助医療を行っていき,結果をお出しできるようにと考えております。

診療時間
AM 9:00~12:00
PM 5:00~8:00 
休診日 水曜・土曜日午後、日曜・祝日

奥田産婦人科
〒567-0815 大阪府 茨木市竹橋町15-8 TEL:072-622-5253
E-mail:bc5h-okd@asahi-net.or.jp