ご出産について

  • ご出産について
  • 産後について

ご出産について

1.LDR方式をとっています。

LDRとは陣痛・分娩・回復の経過を同じ部屋で過ごすシステムのことで、母児共に正常な経過をとっている場合には利用できます。LDR室は、冷蔵庫・トイレなどが備わり普通のお部屋のようになっており、付き添っている家族の方もゆっくり過ごすことができるように配慮されています。

2.フリースタイルでの出産が可能です。

分娩経過が母児共に正常であれば、好きなスタイルでの分娩が可能です。
分娩が始まったら、楽なスタイルを自分で見つけてみましょう。
呼吸法も特に決まったものはありません。
その人に応じた呼吸法を経験豊富な助産師がリードさせていただきます。

3.“自分で産む”お産を応援します。

当院ではお産についてのご希望やご要望を、お一人お一人にお伺いしています。
分娩中は経験豊富で頼れる助産師と看護師が継続してお産のお手伝いをします。赤ちゃんの娩出時には医師も立ち会います。
また、安全に経過し、必要ないと判断した場合には、分娩監視装置の連続装着・会陰切開・点滴などの処置をはぶいています。ただし、母児の安全のために必要と判断した場合は、説明の上で実施することもあります。
さらに、万が一帝王切開になる場合には、大阪医科大学附属病院より麻酔科医と産科医が応援に駆けつける体制を整えています。

4.立会い分娩ができます。

1)
夫、母、姉妹など身近な方で、出産される方にとって良いパートナーとなられる方なら、2名様ぐらいまで立会い可能です。健康状態のよい方に限ります。
2)

お子さまの立会いも以下の条件を満たしている場合は可能です。

・生まれてくる赤ちゃんのお兄ちゃん、お姉ちゃんに限ります。

・お子さまが幼少の場合、その子の面倒をみる大人の方(子供の父親や祖母など)と同伴であること。

・健康状態が良好で、発熱・嘔吐・下痢・鼻水・咳などの症状がないこと。

・幼稚園・保育園・小学校などで、またはよく遊ぶお友達のなかで、次の病気にかかっている子供さんとの接触の可能性がないこと。

(みずぼうそう、おたふくかぜ、風疹、はしか、インフルエンザなど)

産後について

1.母児同室です。

お産後から、異常がなければ母児同室となります。母児同室は、赤ちゃんに早く 慣れることができ、帰宅後の育児をスムーズに始めることができます。また、早期から頻回に授乳することにより、母乳の分泌がよくなります。
お母さんに休息が必要な場合には、ベビールームで赤ちゃんをお預かりすることもできます。

2.母乳育児を応援します。

母乳は栄養の面でも、赤ちゃんの心と体の発達にもいい影響を与えます。そのため当院では、母乳育児を希望される方には、妊娠中だけでなくお産後も様々なお手伝いをしています。

3.お産後の静養は

部屋は個室です。各部屋にトイレ・冷蔵庫などを備え、ゆったりと過ごせるよう配慮しております。また、少し広めのお部屋で、ソファーやシャワーを備えた部屋も用意しております。
お見舞いに来られたご家族と共に落ち着いた雰囲気で過ごすことができます。
また、授乳指導や沐浴指導などを行い、帰宅後スムーズに育児が始められるようお手伝いします。

4.退院後は

育児やおっぱいトラブルなどに関する電話相談はもちろん、外来でのおっぱいマッサージもおこなっています。

5.新生児の健診

入院中の赤ちゃんの健診と1か月健診を大阪医科大学附属病院小児科(NICU)の先生にお願いしています。
また、入院中の赤ちゃんのトラブルに関しても相談させていただきます。

▲ページトップ

診療時間
AM 9:00~12:00
PM 5:00~8:00 
休診日 水曜・土曜日午後、日曜・祝日

奥田産婦人科
〒567-0815 大阪府 茨木市竹橋町15-8 TEL:072-622-5253
E-mail:bc5h-okd@asahi-net.or.jp